今回のテーマであるAndroidと比較したiPhoneのメリットとデメリットに関してですが、まずメリットからになります。自分がいま実際に使っている機種がiPhone6であるということもあり、メリットは多く感じます。

タッチの反応のよさ、反応のスムーズさ

ひとつめのメリットからですが、やはりiPhoneの操作をする際のタッチの反応のよさ、反応のスムーズさがあります。これが私がiPhoneを使っている中での1番のメリット感じているところではあります。Androidも少しだけ使っていたことがあるのですが、Androidはタッチ操作やネット接続をするとカクカク動くようなそんなイメージがあります。
現在の最新のAndroid端末ではかなり改善されていると思いますが、それでもiPhoneの方が使いやすいというのはあります。

セキュリティの安全性の高さ

二つめのメリットは、セキュリティの安全性の高さがあります。Androidはセキュリティが脆弱なため、自らセキュリティ対策用にアプリをダウンロードして対策をしっかりしておかないといけないというところでしょう。セキュリティのしっかりしたアプリなどは有料のものが多いため、そういったコスト面でもiPhoneよりも余計にかかってしまいます。

自然故障の少なさ

三つめのメリットは自然故障の少なさです。電源落ちやフリーズしたりすることがほとんどないと言っていいと思います。そういった面でも安心して使えます。

次にデメリットに関してですが、私自身が考えるデメリットのひとつはまずはデータバックアップの不便さです。やはりSDカードに非対応のため簡単にバックアップを取ることができず、パソコンを経由しての写真などのデータの保存が必要になります。クラウドサービスを使ってのバックアップもありますが、クラウドは少し危険なところもあるので、私はあまり信用していません。
二つめのデメリットは故障したときしゅうりの不便さがあります。基本的に携帯ショップではiPhoneは修理受付できないということが、やはり1番の不便さだと思います。アップルや修理受付店での対応になりますが、携帯ショップで修理に出せるAndroidに比べると修理代金も高いです。