データを間違えて消してしまったら

保持者が増加しているiPhoneですが、
プライベートではもちろん、
ビジネスでも欠かせない役割を担っています。
そんなiPhoneに大事なデータを
保存している方も多いのではないでしょうか。
バックアップをしていれば大事なデータを
誤って消去しても慌てる心配もなく、
本体の調子が悪くなった場合にもすぐに復元することが可能です。
また、大量に過去のものも保存しておけるのでぜひお試しください。

Cloudにバックアップを取る

iPhoneのバックアップシステムは主に2種類存在します。
Cloudにバックアップを取る方法は、
自動で一日一回バックアップシステムが作動しデータを守ってくれますので安心です。

操作も簡単で、設定一つでデータのバックアップが完了してしまう、
大変便利なシステムです。
ただ、こちらの方法はCloudの空き容量を満たしてしまうと
バックアップはできなくなりますので、
その点の注意が必要となります。

iTunesを使用してバックアップを行う

次にiTunesを使用してバックアップを行う方法があります。
iTunesを利用する場合はPCがとなりますが、
大容量のデータを一回で保存できるため大変魅力的な方法です。

少々手間のかかる作業ではありますが、
一度PCにデータを移してしまえば
そのデータはHDで半永久的に保存することが可能なため、
重要な仕事上の書類などは
こちらの方法を利用した方が安全と言えるでしょう。

また、HDの容量の分だけバックアップが可能なため、
保存場所に困ることは少ないでしょう。