まだバッテリー残量があるはずなのに?

朝家を出るときに充電を外し、鞄の中へ。
お昼に使おうと鞄から出したら、画面が真っ暗。
バッテリー切れにしては早すぎます。
充電をすれば画面は元に戻るのに…。
このようなケースでのバッテリー切れにはいくつかの原因が考えられますが、
今回は代表的な原因と対処法を2つ紹介します。

バッテリーの劣化

一番多いのは、バッテリー自体が劣化しているということ。
買ってからの年数がさほど経っていなくても、充電の繰り返しにより
バッテリーは劣化します。
Appleによると、500回ほどフル充電・放電を繰り返すと、
完全に充電しても元の容量の80%までしか充電できなくなるそうです。
また、100%充電された状態で電源につないだまま放置するのは、
バッテリー劣化原因の一つになります。
バッテリーの劣化が原因の場合は交換するしかありません。

アプリの異常起動

バッテリー自体には問題がなくても、アプリが勝手に何度も
起動させる状態になっていると、通常よりも激しく電池を消耗します。
この場合、iPhoneが熱くなることも特徴として挙げられます。
対処としては、疑わしいアプリを強制終了させ、
設定で使っていないアプリのバックグラウンド更新をオフにします。
その上で一度電源をオフにすれば直る場合があります。
それでも繰り返す場合はリセットし初期状態にする方法もありますが、
バッテリー自体が消耗している可能性もあるため、
諦めずに修理業者に原因を突き止めてもらうと良いでしょう。