タッチパネルが故障したら

画面にタッチをしても、全然動いてくれない…。
その場合は、まず電源を一度オフにしましょう。
OSの更新により反応しなくなった場合は、これで直ります。
また、指の乾燥や、保護シートの汚れにより反応しなくなる
場合もあるため、まずは画面に正しく触れる状態を作りましょう。

タッチパネル損傷の要因

iPhone画面にタッチができない要因として一番多いのが、タッチパネルの損傷です。
タッチパネルはフロントガラスと液晶の間にデジタイザと呼ばれる薄い膜が
挟み込まれていて、タッチできない現象はこのデジタイザが
損傷することにより引き起こされます。
落下や踏みつけなど外部から強い衝撃を受けた時は、
デジタイザにクモの巣状の傷ができることが多くあります。
傷は小さいため見落としがちですが、放っておくと
徐々に傷が広がり最終的に動かなくなることもあるため、
気付いた時に修理したほうが無難です。
また、水没の場合も内部に入り込んだ水分により金属部分が錆びて
修理が難しくなる恐れがあるため、たとえ一度動いても放置するのは危険です。
落下や水没など外的要因に心当たりがない場合は、
経年劣化によるパーツ端子の損傷が考えられます。
iPhone基盤とパーツをつなぐ端子がゆるくなり傷つくことで
だんだんとタッチが反応しにくくなるのです。
iPhoneは、簡単にはパーツが外れないようになってはいますが、
長年使っているとその傷が広がり、結果的に動作を停止してしまいます。

いずれにしても、タッチパネル不良はパーツを交換すれば直ります。
故障範囲がタッチパネル以外に及ぶ前に、専門店で見てもらうことをおすすめします。