皆さんはiPhoneのバッテリーの充電の減りが早くなったと感じたことありませんか?
実はそのようなことはバッテリーの性能上ある程度しかたがないことなのです。
なぜかというとiPhoneのバッテリーは使えば使うほど性能が落ちます。
ソフトバンクモバイルのホームページを見ると、
400回フル充電をして使用するということを繰り返すと、
80%までしか充電できなくなると書いています。
また、iPhoneを直接日に当てたり、かなり高温や高温多湿の場所にいつも置いておくと、
バッテリー性能が落ちると言われています。
バッテリー性能が落ちてしまうとフル充電しても
充電の減りが早くなるということはあることなのです。
一度iPhoneの充電の減りが早くなってしまうと改善する方法や
回復する方法はないのでしょうか?
実はiPhoneのバッテリーを交換する事で改善されます。
iPhoneの充電の減りが早くなった場合に
バッテリー交換をしてくれるお店というのがあるのです。
なのでiPhoneの充電の減りが早いという場合はちゃんと
iPhoneのバッテリーを交換してもらうことをお勧めします。
生活や仕事など様々な場面で使うiPhoneだけにバッテリーを交換して
さらに長く使えるようにした方がいいでしょう。
アプリの設定や使い方によってもちろん充電用電池の減りが変わってきますが、
バッテリーが原因であることが多いようですね。
ですので、バッテリーの減りが早くなったという人は
バッテリー交換ができる信頼性の高いお店でバッテリーの交換をおすすめします。