ホームボタンの反応が遅い!

iPhoneのホームボタンは様々な機能に対応しているため、
その反応が鈍くなってしまうと不便と感じることは多いでしょう。
しかし、そんな鈍くなってしまったホームボタンを
やり方次第でスピードアップさせる方法がありますので、
ご紹介したいと思います。

アプリを開いて、電源オフ!

ホームボタンの反応が鈍いと感じた場合の補正方法として、
まずはiPhoneに取り入れているアプリを起動させてみましょう。
アプリ画面を展開したまま、
電源オフの画面が表示されるまで電源ボタンを長押しします。
電源がオフにできるポップが出たらスワイプはせず(電源は切らない)
その画面のままホームボタンを5~10秒長押ししてください。
画面が通常ほホーム画面に戻ったら完了です。

充電コネクタで刺激

前述の方法でもまだ反応が鈍い場合は次のステップへと進みます。
充電コネクタをiPhone本体に接続します。
この時コネクタをホームボタン後ろ側から
少し押し込むような形で差し込んでください。
ホームボタンを押してみましょう。

ホームボタンのほこりが原因かも?

それでも直らない場合は、
ホームボタンにほこりが溜まっている可能性がありますので、
簡単に掃除をしてみるといいでしょう。

ホームボタンとその周辺にイソプロピルアルコールを数滴ほど塗布します。

(掃除の際には消毒液や水を使用することは
本体の破損の原因にも繋がるため大変危険です。
必ず純度99.9%のイソプロピルアルコールを使用するようにしてください。
消毒用アルコールは絶対にダメです。)
尚、作業時に液晶部分にアルコールがつかないように注意してください。
塗布が終わったらホームボタンを軽く叩いて、そのまま10分ほど待ってから
反応が治ったか確認してみてください。

この方法は準備も必要かつリスクもあり、あまり一般向けではないため
お試しの際は自己責任で行ってください。
またそもそもホームボタンは内部の部品の劣化によって
反応が鈍くなってしまうものですので、根本的な原因を解決する場合には
アップルエイドにご相談ください。