パスワードを忘れた際の解決方法

iPhoneの設定中にパスコードをうっかり忘れてしまった、
登録したパスコードをメモしていなかった、
そんな時にはロックが解除できなくて不安になるでしょう。
ですが、慌てる必要はありません。解決方法はきちんとあるのです。

リカバリーモードを使用して復元することで
パスコードを購入時の状態に戻すことが可能です。
少々手間のかかる作業ではありますが、
ロックされたiPhoneを再び使用するための有効的な方法ですので、
ぜひ覚えておいてほしいと思います。

リカバリーモードを使用!

まずiPhone本体の電源を切り、
停止したことを確認したらホームボタンを長押しして起動させます。
次にPCとiTunesを起動させ、
電源を入れたiPhone本体とPCをケーブルでつなぎます。
iTunesを操作するとリカバリーモードである
iPhoneを認識しますのでリカバリーを選択してください。

リカバリーが終了すればiPhone本体を復元させる作業に入ります。
iTunes画面上には復元を示す表示がされますので、それを実行します。
復元と更新が実行されるとiPhoneの復元が始まり、
本体に入っているこれまでの動画や写真、
音楽などのデータは消えてしまいますから、
リカバリーを行う前にバックアップを忘れずにとりましょう。

パスコードを忘れていた場合でも
バックアップを取ることは可能です。
ただしこの方法は、

一度iTunesを利用したことがあるiPhoneのみに限られるので、
一度もiTunesでバックアップを
取ったことのないものに関しては対象外となります。