最近増えてきているiPhoneの修理業者。
価格もアップルストアより安く手軽に修理をしてもらえるので、
iPhoneの不具合があったとき修理を依頼しているという人も多いでしょう。
しかし、注意をしたほうがいい点は正式なiPhoneの修理業者ではなく、
あまりきちんとしていない修理をするiPhoneの修理業者もいるのです。
今回はその具体例をご紹介しましょう。例えばiPhoneでよくあるのがバッテリーの交換です。
バッテリーというのは使えば使うほど性能は悪くなっていきます。
なので新品でiPhoneを買ったとしても、iPhoneのヘビーユーザーであるほど、
バッテリーの性能が悪くなりiPhoneのバッテリー交換を定期的にするという人も多いのです。
修理を依頼されバッテリーの交換をしようとしてiPhoneを開けた時に、
PSEマークというものが本来バッテリーについています。
このPSEマークがついていないリチウムイオンバッテリーは国内で輸入や販売が禁止されているのです。
なんとこのPSEマークが本来のPSEマークではなく、
明らかに正規のものではないPSEマークがついているバッテリーが、
iPhoneの中に入ってる場合があるのです。
これはおそらくそのiPhoneのバッテリー交換を以前別の修理業者に依頼した場合に、
その業者が本来使用してはいけないリチウムイオンバッテリーを交換したとみられます。
このようなことにならないためにはiPhoneのバッテリー交換は
きちんとした業者に依頼することをお勧めします。