皆さんはiPhoneが壊れた場合の保証について考えたことありますか?
iPhoneには保証がまったくないというわけではなく元々メーカー保障がついています。
iPhoneの保証は故障した場合1年間無料でiPhoneの交換が出来るというものです。
しかし、どのような場合でもiPhoneの交換が出来るというわけではなく、
初期不良の場合のみ交換が出来るのです。
つまり自分でiPhoneを落としてしまい壊れてしまった場合や、
水の中に落として故障した場合。
さらに、iPhoneを購入して1年以上たった場合に関しては無料交換の対象外です。
更にiPhoneを使っているとホームボタンの効きが悪くなるといったことや、
自分でiPhoneを分解した場合などで故障してしまった場合は、交換の対象外になってしまいます。
修理に出すとデータが全て消えてしまう可能性も多いので、
普段からiPhoneのバックアップはこまめにとっておくようにしましょう。
やはりおすすめとしてはapplecare+などの有料保証サービスに加入しておくことです。
これは各キャリアで追加料金を支払えばiPhoneの保証内容を増やすことができるというサービスです。
追加保証サービスは近くの各キャリアの店舗に問い合わせてみるといいでしょう。
それに加入することによって先ほどので自然故障の場合のみ1年間交換というのではなく、
さらに保証内容を増やすことができます。
iPhoneを長く使うためにもそのような保証は必要ですよね。