充電を速める方法がある!

時間がない時に早くiPhoneの充電をしたい、
バッテリーの消費が激しくてすぐに充電が切れてしまうといった時に、
活用できる方法があるのをご存知でしょうか。
少しの工夫で見違えたりする例もあリますので、
ぜひお試しください。

充電中は電源を切る

iPhoneは充電中に使用したり
電源を付けたままにしていると余計な電力を消費し、
さらに充電時間は長くなります。
どうしても時間がなく充電を優先する場合はお試しください。

機内モードを選択する

また上記のように電源は切りたくなく、充電中にiPhone操作が必要な場合には、
設定メニューから機内モードという選択を選んで頂くと通信を切った状態で
操作が可能になりますので、こちらでも幾分か充電の速度を上げることが可能となります。
しかし機内モードにしたからと言って充電中に使用を続けていると
やはり電力の消費に繋がりますので、できるだけ控えるのがベターでしょう。

コンセントからの充電が速い!

USB接続を介してPCから充電をするよりも、
コンセントからの充電は遥かに充電の速度が増しますので、
充電時はコンセントを優先しましょう。

熱があるところは避けよう

iPhone本体が高温の熱にさらされると充電にも影響します。
iPhoneは動作の環境が周辺温度で0℃~35℃となっており、それ以上高温になると
プログラムがiPhoneを守るため充電を停止します。
また温度とバッテリーに関してもう一つ触れると
0℃以下となるような極端な低温下で使用するとバッテーリー消費が早くなってしまいます。