以前使用してみてのiPhoneとAndroidの違いについて感じたことを書きたいと思います。以前使用してみての感想なので現在は異なる点もあるかもしれません。その点にご留意頂き読んで頂ければ幸いです。

私にとってiPhoneは夢の機器でした。iPhoneはまるでパソコンであり、「まるでパソコンを外に持ち運んで使える感じ」と周りでは大好評でした。iPhoneの魅力に魅せられて私も使用してみることにしました。しかし段々とiPhoneがパソコンと同じように使用することができないことに気付かされます。

iPhoneはパソコンにつなげるときはiTunesに繋げないと何もできませんでした。これはとても不便でした。iPhoneはパソコンと同等に使用できると思っていましたがiTunesに繋がないとパソコンと何のやり取りもできない、パソコンの子分のような存在に驚かされました。一方Androidはパソコンに接続するとUSBメモリーのように表示されます。専用のソフトを起動する必要など一切必要ありません。

例えばiPhoneで写真を撮ります。それをパソコンにバックアップします。そしてiPhoneから削除します。そうするとまた同じように「自分で撮影した写真」としてiPhoneに戻すことができません。テキストファイル等もiPhoneで作ったものを自由にパソコンへ、またはその逆にと言ったやり取りができません。Androidなら当たり前のように出来てしいます。

次にセキュリティ関係のソフトがiPhoneだとほぼ皆無です。少なくとも私の使用している時はありませんでした。Androidはかなり充実しています。iPhoneがアプリを管理しているとは言え、Appleはコンピューターセキュリティ専門の企業ではありません。そういう意味では若干の不安が残ります。

iPhoneはマイクロSDカードが使えません。買った時のままの容量で買い換えるまでずっと使い続けないとなりません。Androidなら足りなくなったらマイクロSDカードを買って容量を増やすことができます。またマイクロSDカードの相場でに合わせて、どのくらいの容量を買うか選ぶことが出来ます。

安くなってきたらマイクロSDカードのみを買い換えで容量を増やすということも可能です。またiPhoneは自分でバッテリー交換ができません。Androidは自分でバッテリー交換ができる機種が多いです。Androidならバッテリーがヘタってきたら買いに行くなり、ネットで買うなりして自分で家で簡単にバッテリーを交換することが出来ます。iPhoneはそうはいきません。

iPhoneは種類が限られていますが、Androidはローエンドからハイエンドまで様々な機種があります。お金に余裕があればハイエンドモデルを購入したり、お金に余裕がなければ一万円程度のローエンドモデルを買う等選択肢が非常に広いです。

しかしiPhoneはやはりお洒落です。Androidもお洒落なものは出ていますが、やはりiPhoneほどデザインに優れた機種を見つけるのは難しいと思います。またiPhoneは少なくとも日本国内では持っている人が非常に多いです。何かわからないことがあっても操作方法を聞くことができる人が身近に沢山いるというのは大きなメリットです。

またAndroidは野良アプリを含めて不正なアプリが多いのも事実です。一方でiPhoneはAppStoreでアプリを管理しているためAndroidより安全と言えます。AppStoreの審査を擦り抜ける不正アプリも過去にニュースになりましたが、それでもAndroidよりは審査が厳しいと言われています。

またiPhoneは安定性に優れています。もちろんiPhoneの動作に不満を持つ人もいるでしょうが、Androidよりは少ないはずです。Androidのローエンドモデルは安い一方で性能はそれなりに低くなっています。

アプリによっては動作が遅かったり、裏でGoogle Playがアプリを更新している時は非常に重くなったりします。ハイエンドモデルでも最新の機能を盛り込んだせいで熱暴走してしまう機種も存在します。その点iPhoneは機種が限られていることもありしっかりと安定して動作するように作りこまれています。

iPhoneの方がAndroidよりも早いという時代は過ぎ去りましたが、全体の機能を使った時の安定性はまだまだiPhoneに軍配が上がると思います。

iPhoneにもAndroidにもどちらにもメリット・デメリットがあります。自分の使いたい事や、自分が重要視することに合わせて購入すれば後悔することなく満足して使っていけると思います。