1. メリット

現代に生きる若者からお年寄りまで、スマホを持っていない人間はごくわずかなのではないでしょうか。
そのなかでもiPhoneのシェアは未だ多くを占めています。
何がそれほど魅力を感じさせるのでしょうか。
発売し始めのころはAndroidはやや劣勢でした。iPhoneとくらべた場合、圧倒的にiPhoneのほうが安定性にすぐれていたためです。
しかし技術の進歩により現在ではAndroidも充分な安定性を保っています。

それでは現在において何がiPhoneを選ぶ理由となるのでしょう?

自分がMacユーザーならばそれはしかたないことです。連携の精度が違いますからね。
シルバーを基調としたMac系インテリアとの相性も抜群です。
ソフトやハードのバージョンアップも、頻繁にあるため、現状に不満があっても次は何とかしてくれるのではと期待したくなるしくみもうまいです。
つかいかたもシンプルなため、デジタル関係が苦手な方々にも安心しておすすめできます。
周辺アイテムも豊富で、カバーやストラップでおしゃれもできます。

しかし、どれかひとつiPhoneをつかわなければならない理由をあげるとするならば、それはiPhoneを販売しているApple社特有のバックアップ体制にあるといえるでしょう。
iCloudやiTunesでバックアップを設定しておくことで、もしものときにもすぐに以前の状態へ復元することが可能なのです。
車にひかれてぐしゃぐしゃになったiPhoneを修理に出し、帰ってきた新品が、その場で元の状態に復元していく感動はiPhoneでしか味わえません。

2. デメリット

Androidでしか扱ってないアプリにはゲームが多いです。
ゲーマーのかたはAndroidを選んでもしかたないといえます。

iPhoneにはSDカードがつかえません。カメラで動画や写真をばしばし撮りたいかたはもしかしたらAndroidのほうが使いやすいと感じるかもしれません。