私は以前、androidのスマホを使用しておりました。しかし2年経ち、機種変更した際に選んだものはiPhoneでした。
周りでもiPhoneに替える人が多くて、私もつられてなんとなく替えたという状況だったのですが、今回は実際にiPhoneを使用してみてのメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

まずメリットについて挙げたいと思います。これはとにかく「シンプルイズベスト」という一言に尽きます。特にその見た目のデザイン。それまで使用していたandroidのスマホがとても野暮ったいと思えるほど、iPhoneのデザインは実にすっきりと洗練されていて美しいのです。そのため、本当はカバーをつけずに使用したいところなのですが、それだと落下した際などの故障が心配なので、今はカバーを付けています。そのカバーの種類もやはりiPhoneは豊富です。
そして肝心の中身も実にシンプルです。androidの設定メニューなどは非常に複雑で分かりづらく、どこに何のメニューが入っているか探すのに一苦労だったのですが、iPhoneではほとんど迷うことがありません。スマホが世の中に普及し出して、iPhone人気も高まっていた頃、私は勝手にiPhoneというのはマニアックな人向け、こういったことに詳しい人が使用するものだとばかり思っていました。しかし実際に使ってみると、そうではないことに気づいたのです。むしろiPhoneこそ、スマホ初心者向けなのだということに気づきました。使用してみて困ったことがある時にいじるのが設定メニューなのですから、そこが複雑で分かりづらくなっていると、どうしたらいいのか余計に困ってしまうのです。

次にデメリットについて挙げてみたいと思います。
それはやはり容量に制限があるということでしょうか。andoroidではmicroSDカードを差し込んでいたため、容量をが足りないと思ったらmicroSDカードを取り替えれば済む話だったのですが、iPhoneですと、最初に購入する際に16GB、32GB、64GBという風に容量が決められているのです。当然16GBの方がお値段も安く、私が今使っているものも16GBなのですが、やはり写真や動画をたくさん撮るとあっという間に容量オーバーになってしまいます。必要ない画像やアプリを削除したり、PCに移したりしてどうにかまだ使用できていますが、32GBにすれば良かったかなぁと少し後悔もしています。

以上、このようにそれぞれメリット、デメリットがありますが、私はまた次もiPhoneを購入することでしょう。当初はiPhoneというブランド力に惹かれて使用し始めたのですが、今ではシンプルで使いやすいという、その製品力にすっかり魅了されているからです。