現在iPhoneユーザーである筆者は2年前までandroidユーザーでした。
androidからiPhoneに乗り換えて感じたiPhoneのメリット・デメリットについて書きたいと思います。

まずメリットの1つ目としてケースの種類がとても多いことです。
androidは種類が多いということもあって一つ一つの機種に対応するケースが限られています(XperiaやGalaxyなどの一部の人気機種はケースの種類も豊富ですが)。
それに比べてiPhoneは1年に1回のペースで新機種が出るものの、1つしかないのでケースの種類が豊富に作られています。iPhoneという種類は一つですが、ケースで自分なりの個性が出せるのでとても満足しています。
androidを使っている時自分が欲しいケースを探しているとandroid用はなく、iPhone用しかないということが多々ありました。

次にメリットの2つ目はアプリが豊富なことです。
「こんなアプリが欲しい」と感じた時にiPhone用アプリだと、よほどマニアックな用途でない限り、希望する用途のアプリが見つかるように感じます。
また、新しいゲームアプリが出た時初めはiPhone用しかないということもありました。androidを使っていた時、iPhoneユーザーの友人に面白いゲームアプリがあると勧めてもらったのですがそのゲームはiPhone用しか用意されておらずできないということがありました。
また、iPhone用アプリをダウンロードできるApp Storeは新しいアプリが登録される際の審査が厳しいようで、安全性が高いというメリットもあります。
次にデメリットですが、1つ目にiPhoneという1種類しかないことです。
これはメリットの1つ目の捉え方の違いによるものなのですが、iPhoneはカラーバリエーションこそあるもののiPhoneとしては1種類です。
よって他人とかぶってしまうことが当たり前のように起きてしまうのです。何人かで集まっている時、全員iPhoneということは多々起こります。
なので、他人と頻繁にかぶってしまうことを気にする人には向かないでしょう。
それに比べてandroidは種類が多いため、かぶることがないとは言えませんが、iPhoneのように頻繁に起こることはありません。
もっともiPhoneは、メリットの1つ目としてあげたようにケースが豊富なため、ケースで個性を出すことで克服できるデメリットのようにも感じます。

デメリットの二つ目は、iPhoneは容量を後から増やせないことです。
iPhoneはSDカードなどの外部メモリを挿すことができないため、機種本体の容量しか使うことができず、容量が足りなくなった時はデータを整理するしかありません。
androidは主に本体容量に加えて、SDカードを使うことができるので容量に関して悩むことはあまりないでしょう。

これはデメリットに入るか怪しいですが、androidに比べて機種本体の価格が高いことがあります。
androidはいわゆる格安スマホなどにも使われるように機種本体価格が幅広くあるのでiPhoneより安く買える機種が多いです。
しかしandroidでも一部のハイエンド機種(XperiaやGalaxy)はiPhoneより高価なこともあるので、一概にiPhoneの方が高いとも言えません。
これらのメリット・デメリットを踏まえると、上に挙げたデメリットは考えようによってはデメリットにならないのでandroidに比べてiPhoneの方がメリットは多いと私は思います。ケースをすることで他人と差別化できますし、容量の問題も初めから容量にゆとりを持って購入すれば良い話です。デザイン性も私はiPhoneの方が優れていると感じますし、私がもう一度androidに乗り換えることはないと思います。