画面が真っ暗…そのときに

画面が真っ暗で起動できない場合、まずは充電が切れていないかをチェックしましょう。
基本的なところですが、まだ充電が切れるほど使ってないという場合でも
アプリの異常動作やシステムのエラーなどで過剰に消耗し、
気付いたら切れているという場合も意外と多くあります。
また、使用している中で画面が真っ暗になって動かなくなるのは、
画面が真っ暗な状態のままフリーズしてしまった状態である可能性が高いため、
再起動させれば直ります。
充電しても電源がつかないまま、しかしパソコンには繋がるという場合は
iPhone本体内部の故障でなく、システムの異常か液晶の破損が考えられます。
システム異常の場合は復元し初期状態に戻すことで直せます。
液晶の破損の場合は、修理に出して液晶パネルを交換するしかありません。

液晶パネルの破損

液晶パネルの不具合のひとつに、縦線が表示されるという事例があります。
多くの場合は落下など外部から衝撃を受けた時に現れる症状です。
ホーム画面が表示される場合はまだ動作の確認ができますが、
縦線のみの画面しか映らない場合は修理するしかありません。
画面が映らないiPhoneの修理はまず、正常なパネルを基盤に仮付けして
動作確認を行います。
そこで動作に異常がないとわかれば、液晶パネルの交換だけで修理が完了します。

画面が映らない状態だと、iPhoneが今どんな状態にあるのかが
全く把握出来ないため、焦る方も多いと思います。
落下など原因がわかっている方は、破損の範囲がどのくらいなのかを
把握するためにもプロに一度見てもらいましょう。