スマホが発熱する原因

iPhoneを長時間使っていると、だんだんと熱くなってきた経験がありませんか?
なぜ熱くなってしまうのでしょうか?
その原因は、iPhoneの中枢、頭脳とも呼べるCPUが頑張って働いている証です。
CPUは複雑な演算処理などにより高い負荷が加わった際、発熱する性質があります。
処理が終われば発熱は収まりますので温かくなる程度でしたら問題ありません。
また、充電中の発熱は、バッテリーの電圧が上がることが原因とみられています。

発熱に関する危険な行動

iPhoneユーザーの多くがスマホカバーを利用しています。
しかしカバーをすることで熱を閉じ込めてしまうため、熱対策という面では
好ましくありません。
熱を感じたらすぐに外して熱伝導率の良い金属に触れさせることをおすすめします。
また、冷蔵庫で冷やすと良いという噂もありますが、結露により故障の原因になるため
絶対にやめて下さい。

発熱してしまった際の応急処置

iPhoneは異常な発熱を検知すると、「本体温度が下がるまでお待ちください」
という表示が出たり、充電ができなくなったりします。
原因がCPUへの高負荷の場合は、負荷を軽減させれば収まります。
この場合、アプリやシステムが暴走してしまい、電池も異常に早く減ることも特徴です。
まず疑わしいアプリを終了してみて下さい。
それでも直らない場合は、電源を切ってしばらく涼しい場所に置いてみて下さい。
そうすれば大抵は解決しますが、繰り返し熱くなったり、
手で持てない程の熱を持った場合は速やかに修理に出しましょう。