iPhoneが故障したかなと思ったらどのようなことをすればいいのでしょうか?
まず試して欲しいのは一度電源を切って入れ直すと言うことです。
意外と画面が固まったり、動かなくなったり、
フリーズしたときにこの方法試すと回復することが多いのです。
次にやってもらいたいのは、使用していないアプリを消してみるということです。
iPhoneはそれぞれ何ギガバイトか容量が決まっていますので、
その条件をギリギリまで使ってしまうと動きが悪くなったりフリーズしたり、
動作が遅くなったりする現象が起こるのです。
使用してないアプリを削除するなどしてiPhoneの容量を少しあけてみましょう。
iPhoneの中に動画や写真をあまりにも入れすぎて容量がなくなってるという人は、
動画や写真をパソコンに移すといいでしょう。
やり方は簡単でパソコンとiPhoneをつなぐとマイコンピュータに新しい項目があらわれます。
その項目をクリックするとiPhoneの中に保存されている写真と動画が出てきます。
次にパソコンにバックアップを取りたい写真と動画を選択してコピーをしてください。
そのコピーしたものをパソコンの中のフォルダにペーストするだけで完了です。
それでも改善されない場合は再起動をしてみましょう。
これはホームボタンと電源ボタンを長い時間押し続けることで再起動かけることができます。
この方法でもフリーズ屋固まってしまった動かなくなったということは改善することがありますので、
是非一度再起動試してみてください。