もしあなたの使用しているiPhoneにひびが入ったらどうしますか?
自分でできる具体的な処置をご紹介します。
まず、オススメは透明のフィルムを貼ることです。
そうすることにより割れてしまったガラスが飛び散ったり、
割れた破片が落ちたりすることを防ぎます。
iPhoneにヒビが入った際に応急処置をしようとして、
手元にフィルムがないという人もいるでしょう。
そういった人はセロハンテープを利用しましょう。
セロハンテープは透明なのでiPhoneの画面を邪魔しませんし、
何より安く買うことがで手軽に利用できます。
iPhoneのガラスにヒビが入ってしまう原因は様々ですが、
例えば落としてしまったり、ポケットの中に入れておいてこけてしまったり、
バックの中に入れておいて間違えて踏んでしまったなどという時にヒビが入りやすいようです。
さらに、iPhoneにフィルムを貼っていた方が画面を割れにくくなる効果があるのです。
柔らかい系のカバーをつけていると衝撃を吸収して割れにくいというでしょう。
最近はiPhoneの後ろ側だけではなく
画面側もカバーをすることができるiPhoneカバーしていますので、
そのようなカバーをiPhoneにつけるとより落とした時に画面われにくくなるでしょう。
ちなみに今iPhoneの修理をすることができる業者と言うものは増えてます。
ガラスが割れてしまった時にそのような業者に依頼をするといいでしょう。
もしガラスが割れてしまったら画面が見にくいですし、
割れたガラスが飛び散ってしまう可能性もありますので、
なるべく早く修理することをお勧めします 。