強制終了を試してみる

iPhone使用中に突然画面が真っ黒になってしまう、
画面がフリーズして操作ができなくなる、
ということはないでしょうか。
このような場合の対処のひとつとして強制終了があります。

やり方も簡単で、まず電源ボタンとホームボタンの両方を同時に10秒程押し続けます。
画面上にアップルのロゴマークが出てきたら操作は完了です。

iPhoneはPCと同様に多くのプログラムが搭載されていますが
様々なプログラムが常時同時並行で動いているため、
予期せぬ不具合が起こるとされています。
そのため、日頃からバックアップを取ったり
できる限り複数のプログラムを同時に起動しないようしていれば、
突然固まるような事態も避けられることもあります。

まさかの事態にSiriを活用

また、液晶画面の破損や、指先の怪我などで
画面操作が難しくメールや電話ができなくなってしまった際には、
音声アシスタントSiriを使用することでその問題を解決できます。
iPhoneのタッチ操作ができなくても
Siriは音声から電話やメール、
その他の機能を起動させることが可能です。
普段使いでももちろん便利ですが、万が一の際にはぜひSiriを有効活用してみてください。

また、iPhoneを紛失した際にはSiriを標準の設定にしていますと、
拾った相手に個人情報を喋られてしまう恐れがあります。
それを回避するためにもロック中のアクセス許可を
オフににするか、findiPhoneという公式アプリでデータロックを行いましょう。