iPhoneが故障したと感じたら

iPhoneが上手く作動しない、
または文字入力に遅れが生じるなど
少し違和感を感じたらまずはこちらの対策をお試しください。

iPhoneを再起動する

iPhoneの状態に不自然さを感じたら
まずは再起動を試みてください。
パソコンの使用時も同様で、
動作に遅れが生じたりフリーズする場合には
再起動をすると嘘のように解決することがあります。
またホームボタンと電源ボタンを同時に押すことでリセットが可能になり、
こちらも再起動の後にお試し頂くと尚効果的とされています。

iPhoneを復元する

こちら2つの方法をお試し頂いた場合でも
やはり不自然さが残るという時には、
初期状態に戻す復元という方法もあります。
復元を選択する場合は
iPhoneに入っている全てのデータが削除されてしまいますので、
必ずバックアップを取っておくようにしましょう。
復元を行えばiPhoneのトラブルは
ほとんど解消されると思いますが、
これまでの設定などは全て初めからやり直す形になるので、
少々手間のかかる作業ではあります。
しかしiPhoneの状態を完全に元に戻すことが可能になるので、
トラブルの原因となっている部分も
同時に削除してしまえる効果的な方法となっています。
再起動、リセットをお試し頂いて
iPhoneの状態が元に戻らない場合には、
こちらの方法を考えてみるのも1つの選択です。
また全ての方法で直らない時には
専門店に相談することをお勧めします。