iphoneに充電ケーブルを差し込んでも反応しない時は原因がいくつか考えられます。今回はその原因と対策に関して順番に述べていきたいと思います。

1,充電ケーブルそのものが壊れている

iphoneではなくケーブルが壊れている場合が多々ありますのでまずは別の充電ケーブルで充電できるかどうかを試してみましょう。また、appleが販売しているいわゆる純正のケーブルでは無いものである場合は例え壊れていなくとも相性などで充電できない端末などもございますのでケーブルはなるべく純正のものを使用するようにしましょう。

2,充電を受ける部分であるドックコネクタというiphoneの部分が壊れている

ドックコネクタが壊れているため充電がバッテリーまで行き届かず結果充電ケーブルを差し込んでも反応しないというパターンです。この場合ドッグコネクタという部分を新しいものに変えれば治るのですが素人の方が修理するのは非常に困難ですので修理屋さんに任せましょう。

 

3,バッテリーが壊れている

バッテリー部分まで充電は届いているもののバッテリーそのものが壊れているため充電できないパターンです。この場合は修理屋さんでバッテリーの交換をしてもらいましょう。

4,iphoneのOSが古い

iphoneのアップデートをずっと怠っているとiphoneのOSがケーブルに対応できてなく、充電できないパターンです。この場合はOSを最新版にアップデートしましょう。

 

まとめ

この場合は可能性がある原因がいくつかあり厄介ですが頑張ってやってみましょう。また1~4のどれをやっても駄目の場合はほぼ確実にiphone自体が壊れているのでiphoneを新しくしないと治りません。