どうすればいい?!突然iPhoneの電源が切れなくなったとき

iPhoneでインターネットなどを楽しんでいるとき、
急に画面が固まってフリーズしてしまうことがありませんか?
バックグラウンド等でトラブルが発生したことに起因して起こる現象だそうですが、
急に何の操作も受け付けなくなってしまうので、あわてる人も少なくありません。
更にそうした状態では「電源が切れない」ということも多くなります。
そのようなときには、どのように対処したら良いのでしょうか。

iPhoneの電源が切れないときの対処法

iPhoneが一切の操作を受け付けなくなっている状態のときには、
「リセット」を行う必要があります。
ホームボタン(iPhone本体にある丸いボタン)と、電源ボタンを、
同時に長押し(10秒以上ボタンを押し込む)する操作を試してみてください。
Apple社のロゴであるリンゴマークが表示されたら、指を離します。
おおむねこれによって強制的に電源をシャットダウンさせることができるはずです。
電源を入れるときには、通常どおり電源ボタンを押すことで起動できます。

上記以外のトラブルには

iPhone本体のフリーズ以外で電源が切れなくなる場合についても触れておきましょう。
電源ボタンが、何らかの要因によって破損・故障しているケースです。
このような状態では、電源ボタンによる通常操作はできなくなりますので、
別の手段によるシャットダウンを試してみる必要があります。
ホーム画面から「設定」→「一般」を呼び出したら、
そこから「アクセシビリティ」を探し出します。
アクセスガイド・assistive touch・ホームクリック感覚・着信などの項目が表示されますので、
その内の「assistive touch」を選択しましょう。
「オン」に入力したら、ホーム画面に戻ります。
これで、iPhoneの画面上に「仮想のホームボタン」を再現することができました。
電源を切るときにはデバイスを呼び出し、
「画面ロック」を長押し→「シャットダウン」と選択してください。
これで、電源ボタンが使えなくても電源を切ることが可能になります。
この方法は、ホームボタンが不具合を起こしているときにも使えるので大変便利ですが、
可能な限り、早めに修理を依頼することをおススメします。