iPhoneが充電できなくなってしまったら?

iPhoneが突然充電できなくなるというケースは
実はそれほど珍しいことではありません。
これは本体の故障以外にも別の原因が考えられるため、
充電できないからとiPhoneをむやみに操作することで
かえって故障につながることがあります。
そのため、まずは充電できない時の対処法を行い、
iPhoneが動くかどうかを確認してください。

考えられる対処法を試そう

一般に、充電が行われないケースでよくあるのは
iPhoneがフリーズしている場合です。
これは本体の電源を切ることで問題が解決するので、
まずは電源を切って充電できるかどうかを
確認してみましょう。
次に充電器による故障です。
これはケーブルやコネクタ部分に障害が見られる場合、
いくら充電をしてもiPhone本体は充電されない
という症状が見られるようになります。
そのため、本体の確認だけでなく、
充電器に異常がないかどうかもしっかり確認し、
Apple社製の純正品を使用するようにしましょう。
またバッテリーそのものが寿命である場合には、
新しいものと交換する以外に方法はありません。
しかしバッテリー交換は本体修理と比べて低料金なので、
バッテリーの異常が分かれば
早い段階で交換することをお勧めします。

それでも改善が見られない場合には

上記の方法を試しても改善が見られない場合には、
iPhoneにトラブルが発生していることが考えられます。
専門業者に修理を依頼し、
原因を突き止めてもらいましょう。
修理すれば使用が可能になるケースも多いので、
諦めずにぜひご相談ください。