iPhoneのサウンドトラブルについて

通話中に相手の話し声が聞こえない、
自身の声が相手に届かないなどのサウンドトラブルですが、
実はそれぞれに故障個所が異なっており
部品の役割どれか1つに障害が出ているのか、
もしくはサウンドの核となっているチップに
問題があることが予想されます。
しかしイヤースピーカー、マイク、ラウドスピーカーの
どの部品においても関係性があるものではないため、
破損している部分を1つ1つ調べる必要性があります。
またサウンドトラブルのほとんどは購入後1年ほどで
発生しやすいと言われており、
この原因となるものはまだ明確ではありませんが、
チップ自体が破損していた場合は
本体そのものを交換する可能性もあります。

マイクとスピーカーの位置関係

iマイク故障とスピーカー故障は間違えられやすく、
その原因ともなっているのは位置関係にあります。
通話中にノイズが混じる、曇った音に変わる、
このような場合にはスピーカーに問題があるのではなく
ご自身のマイクが誤作動を起こしているケースが多々あります。
そして位置関係によってそれを誤解してしまうことも
珍しくはありません。
そのため、どのような条件でノイズが発生するのか、
また具体的にどんな音なのか、
その内容を把握することで原因を探り
故障個所も把握できるようになります。

不具合を感じたらまずはプロの元へ

サウンドトラブルの可能性を感じ始めたら、
その状態をまずは専門家に相談してみるのが良いでしょう。
破損部位によっても修理が異なるサウンドトラブルの場合、
プロに見てもらうことでどのパーツが故障しているのかは
すぐに判断できます。
またすぐ直せる故障かどうかもその場で分かります。