1,iPhoneの画面が割れてしまった時の対処法

画面が割れてしまったときの対処法はいくつかあります。iPhoneに限ったことではありませんがiPhoneのガラスは非常に割れやすく、打ち所が悪ければ高さ30センチ程から落としても割れてしまいます。iPhone4からiPhone6まではゴリラガラスというガラスが使われています。ゴリラガラスはiPhone向けに開発された非常に硬度の高い物質なのですが、その硬度があだとなり、柔軟性に欠けます。そんなiPhoneのガラスが割れてしまった場合の対処法をご紹介いたします。

 

2,画面が割れた状態で使う

画面が割れてしまっても気にしない方は、そのままの状態で使用は可能です。しかしオススメはしません。やはりガラスなので怪我をしてしまったりすることもあります。一度割れてしまうと細かいガラス片を拭き取っても使っているうちに節々が割れてきて新たにガラス片が発生します。割れたiPhoneがかっこいいという人もいるかとは思います。どうしてもそのまま使いたいという方はガラス片を綺麗に拭き取ってその上から市販の保護シートを貼るのもいいかもしれません。

 

3,修理店に持ち込む

Apple StoreやApple代理店またはiPhone修理店に持ち込む方法があります。

Apple StoreやApple代理店以外のiPhone 修理店は増加しています。それぞれの利点や欠点を比べて持ち込むのが理想的です。

 

4,Apple Store、Apple代理店に持ち込む場合

この場合の利点は、保証の種類によっては安く済むことです。しかし時間がかかることも多々あることとデータが消えることは欠点と言えます。

 

5,iPhone修理店に持ち込む場合

この場合の利点は、通常よりも安く、早く修理がすむこと、データが消えないことが利点です。欠点はと言えば、こだわりのある人からすれば、非正規で修理をしたくないという精神的な面があるかもしれません。iPhone修理店の方が良いような書き方ですが、それはApple StoreやAppleの代理店で出来ないことを補おうとした結果、iPhone修理店の方が利点が多くなっているからだと思います。もちろんどちらでも新しい画面に変わることには変わりがありません。