1,iPhoneのバッテリーの減りが早くなった時の対処法

iPhoneのバッテリーは通常1年半から2年が寿命とされています。

バッテリーの減りが早くなることには様々な原因が考えられます。

今回はiPhoneのバッテリーの減りが早くなってしまった場合の対処法をその原因ごとにご紹介いたします。

 

2,経年劣化

iPhoneのバッテリーは通常1年半から2年が寿命とされています。

段々とバッテリーの減りが早くなることもありますが、突然減りが早くなったり、突然電源がつかなくなったりする場合もあります。またバッテリー自体が膨らんで画面を押し上げることもあります。

この場合はバッテリーを交換するか、iPhone自体を買い換えるかという選択肢になります。APPLESTOREやAPPLE代理店、iPhone修理店で修理が可能です。

 

3,初期不良

iPhoneのバッテリーは初期不良によって不具合が発生するものが存在します。

症状としては突然iPhoneが起動しなくなったり、バッテリーが膨らみ画面が浮いてきたり、バッテリーの減りが異常に早くなったりするものです。これらが1年以内に起こる場合は初期不良の可能性があります。しかし、純正の充電コード以外を使用していたりするとそれらの症状が発症する場合もあります。また1年以内に初期不良の症状が発生しないケースもあります。

初期不良の場合、保証期間内であれば無償で交換できる可能性が高いです。

くやしいですが、もちろん保証期間を過ぎていれば、基本的に有償での修理となります。ですがまれにリコールも行われることもあります。

また時間のない方はiPhone修理店へ持ち込むことで対応が可能です。

 

4,充電器との相性

もし充電器を純正ではないものを使っている場合、バッテリーの減りが急速に早くなることやバッテリーが膨らむことがあります。バッテリーが膨らんできた場合は画面を浮かせたり、その影響で画面が割れてしまったり、そしてそもそも危険ですので、できる限り純正の充電器を使用することをお勧めします。この場合もAPPLESTOREやAPPLE代理店、iPhone修理店に持ち込むことでバッテリーの交換対応が可能です。