毎日使うiPhone。ちょっとした便利機能を覚えておくだけでぐっと使い勝手がよくなるものですね。

今回は、文字入力、キーボードに関連した便利機能を3つお伝えしたいと思います。
覚えておくとちょっと便利ですので、ぜひご覧ください。

1.読めない漢字を入力できる手書き入力

iPhoneでも、難しくて読めない感じを入力しなければならない、というシチュエーションがごくまれにあります。そんなとき、みなさんはどうしているでしょうか。
iPhoneにも手書き入力キーボードを追加しておけば、そんなときにも簡単に入力ができます。
手書き文字入力キーボードの追加方法は、以下のように可能です。

設定 > 一般 > キーボード > キーボード > 新しいキーボードの追加 > 中国語(簡体字) > 手書き

以上の手順で新しいキーボードを追加しますと漢字とアルファベットの手書き入力が可能になります。
漢字は日本語漢字でもかなりの精度で入力可能ですので、読めない漢字はぜひこのキーボードを使用してみてください。

2.URLをちょっと簡単に入力する方法

ブラウザなどでURLを入力しなければならないときがありますが、長々とアルファベットを打たなくてはいけないのは結構面倒なものです。

そんなときに、最後の “”.co.jp”” だけでもワンタッチで入力できればずいぶん楽になりますよね。
以下の方法を使えば、それが簡単に行えます。

まず、ブラウザのURL入力欄をタップして、USキーボードを表示。URLの文字部分を通常どおり入力していきます。このとき、キーボードの最上段には、”:(コロン)””、””.(ドット)””、””-(ハイフン)””、”.com””などURL入力によく使う記号ならんでいますので、それらを使うことも可能です。
しかし、””.co.jp””はありませんね。””.co.jp””を打つところまで来たらキーボード再下段、””space”” と “”Go”” の間にある “”.(ドット)”” を長押ししてみてください。

“”.com”” 以外にも “”.co.jp””、””.net””、””.com”” などが表示されていますね。ここをタップすればそれでOK。
簡単なTipsですが、覚えておくとちょっと便利です。

3.日付入力に関するちょっと便利な機能

最後は、時刻、日付入力に関するキーボードの機能です。

まず、時刻を入力したい場合には、その時刻を3桁か4桁の数字で連続してそのまま打ってみてください。
例えば、8時21分であれば、””821″”。12時30分なら””1230″”です。変換候補に12時30分、12:30と表示されていると思います。

次に今日の日付を入力したい場合には、””きょう””。明日の日付を入力したい場合には、””あした””と入力します。いずれもその日付がいろいろなフォーマットで変換候補に挙がっていると思います。

また、今年は平成何年だっけ、来年は何年だっだろうか。などという場合にも “”ことし””、””らいねん””、””さらいねん”” などと入力することで、予測候補に平成と西暦で年号が表示されます。
以上、キーボード、文字入力に関する便利な機能3つを書かせていただきました。