iphoneをトイレや海などに落とし水没させてしまった、また水でなくとも液体状の食べ物や飲み物などをiphoneに落としてしまいiphoneに何かしらの不具合または全く電源が付かなくなってしまった時の原因と対処法について、不具合の種類別に述べていきたいと思います。

 

1,画面表示またはタッチの不具合

iphone自体は起動しているものの、iphone画面に黒い線のようなものが入っていたりと表示がおかしくなっている、またタッチしていないところが勝手にタッチされるまたは逆にタッチしているのに全く反応しない部分があるもしくは全部タッチが効かない。このような症状の場合はiphoneの画面のみを交換すれば元に戻る場合がほとんどですので、対処法としては画面の交換ということになります。

2,電源が全くつかない

おそらく水没をさせてしまった方のほとんどがこの状態だと思われます。まずは何はともあれ電源は絶対に入れないで下さい。電源を入れようという行為によってiphoneの基盤の部分を傷つけてしまう可能性が非常に高いです。対処法としましてはiphoneを渇かすことです。ただiphoneを解体し渇かすを言う作業は素人の方には相当複雑な作業となりますので早めにiphone修理の専門店に任せてしまうのが正直一番です。

 

3,その他の不具合

その他というのは例えばアウトカメラは起動するのに何故かインカメラだけ起動しない、電話で何故か自分の声だけが相手に聞こえないなど僕の経験上でもここで書ききれないくらい不具合の種類は多くそのほとんどは素人の方が自分で修理するのは極めて困難となっていますのでこれもiphone修理専門店の方へと早急に持ち込む事を強くお勧めします。

 

まとめ

結局1の画面交換に関しても素人の方が自分で修理するのはなかなか困難ですが、普通のiphone修理業者であれば1時間以内に終わらせられます。しつこいようですがどのような症状であれ水没させてしまったら何もせずとりあえずなるべく早めに業者にお願いして下さい。正直水没の場合は業者でもどうしようもないケースも多々あり、水没から日が経つにすれ復旧確率は下がって行きます