1,iPhoneで電話をする時に相手に声が聞こえない時の対処法

電話で相手に声が聞こえない時、そうなるには様々な原因が考えられます。

iPhoneのマイクのパーツ自体が劣化または破損しているか、その周辺パーツに不具合があるか、または物理的にマイクが塞がれているか、様々な原因が考えられます。

それぞれの原因とその対処法についてご紹介いたします。

 

2,パーツの不具合

iPhoneのマイクのパーツまたはその周辺のパーツが破損や劣化することがあります。

その場合の対処法はパーツの交換修理をするしかないのですが、原因の違いでどの部位を交換すれば修理が可能かが異なります。

 

3,マイクの不具合

iPhoneのマイクのパーツはまれに劣化や初期不良で使用できなくなることがあります。この場合は本体を買い換えるか、パーツの交換を行うかの2択になります。APPLE代理店、iPhone修理店に持込めば、パーツ交換の修理が可能です。

 

4,ドックコネクタの不具合

マイクのパーツはiPhoneに充電ケーブルをさす際のドックコネクタのパーツと一体型になっています。一体型になっていることからドックコネクタパーツの一部が破損しているとマイクが使えなくなることがあります。この場合はドックコネクタのパーツ自体を交換することで修理が可能です。この場合もAPPLE代理店やiPhone修理店に持込めば修理が可能です。

 

まとめ,物理的な要因

iPhoneのマイクパーツやドックコネクタパーツは破損していなくとも電話の際に相手に声が聞こえなくなることはあります。例えば、電話をする際にiPhoneを使用する方によっては癖でiPhoneの下部にあるマイクの穴をふさいでしまったり、そこに埃が入っていたりする場合もあります。またそのiPhoneの製造段階で異物が混入して、その異物によってマイクが塞がれる場合も可能性としてはあります。マイクの穴を塞いでしまったり、埃が入ってしまったりした場合はご本人で対処できるかとおもいますが、異物の混入などはAPPLESTOREやAPPLE代理店、iPhone修理店にて対応しています。