私は今までずっとiPhone4を使い続けていました。最新のiPhoneが何台も販売されている中、ずっとこの私のiPhoneは頑張り続けてくれました。私の周りの友人は、新しいiPhoneが販売されるとすぐに買い替える人が多いのですが、私のiPhoneへの愛着はとても大きく、壊れてもいないのに買い替えるなんていう事はできませんでした。
私のiPhoneは画質はもう古いので、新しいiPhoneと比べてしまうとそこまで良くはありませんし、画面も非常に小さいです。ネットも遅く、さらに電池の減りも早くなっていました。アクセサリーなんて少し前に販売中止になり、もう新しいものは販売されなくなってしまっています。それでも、何年もの間もってくれた私のiPhoneに対してどんどん愛着が沸いてくるようになり、新しいiPhoneはいくら発売されようとも、手放すなんていう事は考えられませんでした。
データが一杯になるとパソコンにうつしてまだまだ使い続けますし、今まで本当にたくさんの思い出を私のiPhoneは私に残してくれました。そんな私のiPhoneが先日ついにホームボタンが押しにくくなり、電池も持ちが異常に悪くなってしまいました。そこでついに数年ぶりに新しいものに買い替えをする事にしたのです。
本当は古くなった私のiPhoneはもう用がありませんから、売ったり捨てたりしても良いところなのですが、色々な思い出が詰まった私のiPhoneはまだ捨てる事ができていません。これからもしばらくはとっておくと思います。何度も落としたりしたけれど画面が割れる事もなく、また壊れてしまう事もなく色々な思い出を納め続けてくれた私のiPhoneは、新しいiPhoneを買った後もまだまだ捨てる事ができないものです。

初めて買ったiPhoneで最初はわからない事も多く、手こずる事もあったのですが、それも今では良い思い出になっていてくれています。今使っているiPhoneも、同じくらいに愛着を持って長く使い続ける事ができれば良いなと思っています。