iPhoneを新規で、もしくは機種変更で購入した際に、以前使っていたiPhoneを下取りに出した、または出そうと考えたことがある方は多いと思います。キャリアやショップによって下取り特典や料金が少し違いますが、下取りの基準は大きくは違いません。今回は少しでも安く新型iPhoneに乗り換えたい方のために下取り術について解説したいと思います!

 

1.下取り出来るiPhone,出来ないiPhone

どんな状態のものでも下取りしてもらえるわけではありません。下取りが出来ない例としては例えば、

・電源が入らないもの

・水濡れしているもの

・画面が割れているもの(減額の場合も有)

等の原因が考えられます。画面が割れていてもまだ使えるものをそのまま眠らせておくのはもったいないですよね?! 電源が入らない場合でも修理で直ることもあるんです!次に解説するのは修理をしたiPhoneを下取りしてもらった際の料金です。

 

2.下取り金額ー修理代金=???

5sを例にしてみます。上記の下取り出来ない条件にあてはまらないものであれば1065円×24回、25,560円相当が月々の通信料から値引きされることになるんです!(2016年1月時点での金額、ソフトバンク) iPhone5sの画面修理の相場は9800円~11800円程なので15,000円~17,000円も、修理をしたとしてもお得になるんです!バッテリー修理になると4800~6000円程で出来るのですごいお得感ですね。

 

3.まとめ

下取り以外にも中古ショップでの売却という手段もありますが相当の美品でなければ下取り以上の金額は期待薄です。オークションサイトでの売買も美品かつ付属品が揃った状態でなければ下取り以上は難しいのが現状です。