スマートフォンをデビューしたきっかけになったのは、このiPhoneが理由で、当時はガラケーからの移行だったので、いろいろと新しく覚えることがあって大変でした。新しくカメラのアプリをダウンロードしたり、ゲームのアプリをダウンロードしたり、毎日が初めての連続で飽きなかったです。

しかも、結構私のiPhoneは丈夫で、周りの人は画面にヒビがはいったりなどしていたのですが、私のiPhoneは原付に乗っているときに落としても、画面にヒビなど入らないで、ピンピンしていました。当時、彼女と付き合っていたのですが、その彼女と新しいカメラアプリでいろいろ写真を取り合ったり、交換したりしたり、さらには、当時LINEがまだあらわれていなかったので、メールをしたりして、彼女との思い出を私のiPhoneに蓄積させていました。

原付から落としても壊れなかったんだから、丈夫だし、問題ないだろうと。バックアップを取らずにいたことが後の事件の引き金になったのです。私は就職活動の際に、電話連絡が来ることが頻繁にあったので、すぐに応対できるように、いつも胸ポケットにiPhoneを忍ばせていました。

そして、当時は緊張する場面が多かったので、トイレにかけこむこともしばしば、急いでいるので胸ポケットにそのまま入れておくことも多かったのです。そして事件は起きました。トイレをし終わった後、流そうと前かがみになったら、胸ポケットから私のiPhoneがダイブ。そのときは、本当にスローモーションになって、自分と彼女との思い出が走馬灯のように流れました。しかし、動いていた腕は動作を辞めず、そのままの勢いで水をながしてしまい、私のiPhoneもろとも水に流れていきました。

当然、私のiPhoneが持っていた思い出がなくなったことにも焦ったのですが、なにより問題だったのは、そうです、就職活動中の連絡手段です。当然、二次面接や三次面接の段階までこぎつけている会社もあって、急いで、携帯を新規契約し、履歴書を出した会社に連絡し、番号を変更しましたが、番号が変わったことが原因なのかどうかはわからないですが、連絡がくることはありませんでした。それ以降私はiPhoneを卒業しました。私のiPhoneはあいつだけです。彼は思い出と共に水に流れていったのですから。