周りに比べるとスマホを持ち出したのは遅いほうで、今後もガラケーを使い続けるとばかりに思っていました。そんなある日、キャンペーンでかなりお得にiPhoneがゲットできるというので、遂にiPhoneデビューすることとなりました。

初めて手にしたiPhoneはなんとも言えない高級感に包まれていて、ある種のブランド品のようなオーラが漂っています。個人的に家電類はスペックや機能性はもちろんの事、デザイン性もかなり重要視するタイプです。ボディに映えたあのアップルのマークがすごくクールで、大げさでもなんでもなく、絶妙なバランスをとっていると思います。久しぶりに心から愛着の持てる商品を手にすることができ、初めの頃は毎日のようにマイクロファイバーの布で磨いていました(笑)。

さて、先ほども述べましたが、iPhoneってもはや電話の枠を超えたブランド品としての価値がありますよね。持つこと自体に満足感が得られるというか、本来は電話やネット、その他もろもろの機能にこそ価値を見出すべきなのでしょうが、私はそれらよりもブランド品としての価値に目が行ってしまいます。そこで感じるのが、なんとなく腕時計と共通点があるということです。

腕時計の本来の目的は時間をチェックすることですが、現代ではどちらかというとアクセサリーとしての価値のほうに目が行きがちではありませんか?そんな感じで、iPhoneも私にとってはアクセサリー感覚なのです。中国でもiPhone人気は絶大なようで、ブランド品の価値を飛び越え、持つことである種の信用を手に入れることができる云々を以前テレビで拝見しました。

つまり、iPhoneを持っていることで、一目置かれるというようなことにほかならず、改めてiPhoneの世界的な人気ぶりを再認識しました。とまあ、壊れてしまった今、更にiPhoneの素晴らしさを感じる今日この頃です。さてそんな付加価値の多く凝縮されたiPhoneですが、たくさんの思い出が詰まった大切なツールとしても活躍してくれました。

お気に入りの音楽、写真、動画などはすべてバックアップを取って、パソコンに保存してあります。なので、壊れてしまった今でも、これらのデータに触れることで当時の思い出に浸ることができます。