それまで使っていたスマホからiPhoneに変えたのに、特別な意味はありませんでした。単に2年縛りの契約が終わったところでちょうど新型のiPhoneが発売されるということで、しかも何やらお得な割引もあるらしいってことで、携帯会社も乗り換えてついでに新型iPhoneをゲットしてみただけなんです。そんななんとなくの理由で私のものになったiPhoneですが、予想以上に良い働きをしてくれました。
せっかくiPhoneにしたんだからと入れたLINEでは高校の同級生とのやり取りが復活しましたし、何となく始めたツイッターでは同じ趣味の仲間ができて、インスタ投稿用に写真を撮る喜びも覚えたし、おしゃれなお店をチェックする習慣もできました。
前のスマホはあまりにも電池の持ちが悪かったので、外で扱うことは少なかったんです。でも新しく私のものになったこのiPhoneは、常に一緒に行動できたし、引きこもりがちな私と友人たちとの間を取り持ってくれました。
一番私のiPhoneが良い働きをしたのは、地域のランニングサークルに入ったときのことでしょうか。そもそもそのサークルを見つけたのも私のiPhoneで検索した結果でしたし、初めての飲み会でサークルのメンバーと仲良くなれたのもiPhoneのおかげでした。おしゃべりが苦手な私でも、私のiPhoneでも使えるランニングアプリなどの話題にならついていくことができたんです。

 
そんな私のiPhoneが壊れてしまったのは、しかしこのランニングが原因でした。いつもは私のiPhoneを腰のあたりに固定できる道具を使って走っているのですが、先日はそれを忘れてしまい、短パンのポケットに入れていつものコースを回っていたんです。その途中で悲劇は起こりました。予想がつくとは思いますが、ポッケから落ちた私のiPhoneが道路を転がり、その上を車が走っていってしまったんですね。電源はつきましたが液晶は大破。修理を余儀なくされました……。今はまた、新しいiPhoneを使っています。今度の子こそ大事にしてあげたいです。