iPhoneに充電ケーブルがうまくささらないといったお客様からの持ち込みが増えてきています。何度も無理に挿しこんでいると中の端子を傷つけてしまったり、ケーブルも破損してしまうケースもあるので気をつけましょう。このようなトラブルの場合に、お客様ご自身で行うことが出来る簡単な作業の手順を以下にまとめてみましたので、お困りの方はごらんください。

 

1.異物を取り除く

ケーブルが挿しこめないということは、中に何かが詰まっているということになります。中を覗いてすぐ発見出来る場合もあればパッと見たところだとわからない場合があります。中に何かが詰まっていた場合ですが、ご自分で取りだすことはオススメ出来ません。中の端子を傷つけてしまって、そのまま使用を続けると大変危険です。また、ほこりや綿などの繊維状のものが詰まっている場合がほとんどなのですが、繊維が本体の中にまで入り込んでいる場合には取りだしただけでは充分に直ったとは言えないのです。また、金属製の針やピンセット等を使うと感電する恐れもありますので異物をご自分で取り除く際には、よく注意をして行うか、店舗に持ち込むようにしましょう。

 

2.店舗で行うこと

店舗では、木製のヘラを使って端子を傷つけずに異物を取りだす修理を行います。それと同時に、電気系統に異常がないかの確認、必要の際はパーツの交換修理もいたします。パーツというのはドックコネクタという部分のパーツのなのですがこのパーツには色んな部品例えばイヤフォンの音を受けるイヤフォンジャックと呼ばれれる部品、またマイクなどといった部品も一緒になっていますので、逆に言うとそこが悪くなった時もドックコネクタの交換ということになります。まれに、お使いのケーブルが故障している場合もございますので、その際にはお近くの家電量販店やショップでご購入していただく必要がございます。