人気だけれど故障も多いiPhone

日本で最も人気のあるスマートフォン機種であるiPhoneは、
関連アクセサリーやパーツなどが比較的手に入りやすいこともあり、
自分自身でiPhoneをカスタマイズして楽しむ人も少しずつ増えてきています。
iPhoneは耐衝撃機能や防水機能・防塵機能といった
国産のスマホに備わっている機能の多くが備わっていないため、
比較的故障しやすい端末と考えられます。
また国産の携帯電話やスマートフォンであれば、
自分で簡単にバッテリー交換ができますが、
iPhoneの場合はバッテリーが本体埋め込み式なので自分で交換することが難しく、
バッテリー寿命が来た際や本体が故障した際には
高額の修理費用を払って修理してもらう必要があるのです。

「自分で修理」のリスクとは

iPhoneの人気と普及率の高さから、
パーツやバッテリーを格安で販売する業者が最近では増え始めており、
インターネットのウェブページや動画投稿サイトでは
自己修理の方法や手段について調べることができるようになっています。
しかし、自分で本体を分解した場合は、
以後アップルの公式サポートを受けることができなくなります。
また、一見簡単そうに思えるバッテリー交換でさえ、
バッテリーを基盤から剥がす作業は難しいなど、
自分で直すには高いリスクを伴うこととなるのです。

費用対効果で賢い選択を

自分で修理後、正常に動作すればなんの問題もないのですが、
直るどころか症状をより悪化させてしまった人は決して少なくありません。
しかもその場合、修理のために取り寄せたパーツや、費やした時間は
全て無駄になってしまいます。
故障の度合いが悪化した場合、業者に修理を依頼した場合でも
修理不能と判断されたり、修理費がより高額になることもあります。

こうしたリスクを勘案したとき、
修理が必要になった場合は自分で修理を試みるよりも、
専門の修理業者に依頼したほうが
費用も時間もはるかに節約できる可能性が高いことがわかります。