再起動を繰り返す事態の対処法とは

直感的な操作が可能で、かつ高い動作安定性と強固なセキュリティー機能によって
機械が苦手な人でも扱いやすいiPhoneは、
日本で最も人気のある機種の一つとなっています。
iPhoneはアンドロイド端末と比べて動作が安定していることに定評がありますが、
不具合が全くないというわけではありません。
フリーズしたり、動作に違和感を感じた場合は、
本体の再起動を行なうことで大抵の問題は解決しますが、
iPhoneが再起動を繰り返してしまい、どのボタンを押しても反応しないという
不具合が生じるケースのあることが報告されています。
リセットでリカバリーしようにも、ロック画面からの再起動を繰り返して、
電源を切ることもできず、ホームボタンも反応しないという故障状態になった場合は
どのように対処すればよいのでしょうか。

試す価値あり!iTunesを利用したリカバリ方法

このような故障の症状が現われた際におすすめの修理方法が、
パソコンに接続し、iTunesを利用してリカバリーモードを動作させて
直すという方法です。
iPhoneをパソコンにつなぎ、iTunesを起動させた後に復元ボタンを押して
本体を工場出荷時の状態に戻すことで故障を直すのです。
アクティベートの設定と残してあったバックアップから
iPhoneを復元するように設定すると、本体のリカバリーが始まり、
復元が完了すると自動で再起動をします。
データのバックアップはiCloudに自動的かつ定期的に作成されるので、
デフォルトの設定から変更していなければ
バックアップからの設定で困ることはないでしょう。

直らないときは修理のプロに依頼

もしこの方法でリカバリを試みてもうまく行かなかった場合は、
専門の修理業者に修理を依頼するのが望ましいと言えます。
間違った知識で強引に修理をしようとすると、
かえって故障箇所の症状が悪化してしまうこともあるためです。
APPLE AIDは公式サポートよりも安価な料金で
確実な修理を行ないますので、お気軽にお問い合わせください。