あれ!? iPhoneでインターネットにつなげない!そのワケとは

iPhoneでインターネットにつなごうと試みる場合は、「Safari」というブラウザを使用します。
そのパフォーマンスの高さから、世界中で多くのファンを獲得しているSafariですが、
ある日突然、インターネット接続できなくなることがあります。
設定などに一切の問題がないのにSafariを使えなくなるという背景には、
一体何が存在しているのでしょうか。

端末の問題かWEBサイトの問題かを見極めよう

Safariでエラーが生じたときは、
「サーバーが応答を停止しています」「サーバーが見つかりません」
「多くのリダイレクトが発生しています」「インターネットに接続していません」
などのメッセージが表示されます。
ケースによっては、表示しようとするWEBサイトで問題が生じていることもありますので、
Safari側のトラブルであるとばかりも言い切れませんが、
インターネット上に存在するどのページにアクセスしてもエラーメッセージが出る、
PCやPadなど他の端末であればWEBサイトにアクセスできる、といった状況がみられたら、
Safariに問題がある可能性が高くなります。
まずは、端末とWEBサイト、どちらに問題があるのかを見極めましょう。
では、Safariでインターネットにアクセスできない問題を解決するには、
どのような対処法があるのでしょうか。

Safariのトラブルを解決する方法

まず、WEBサイト側のトラブルである可能性が高い場合は、端末では解決できません。
時間を置いて再度アクセスするなどして対処しましょう。
自分のiPhoneに問題があると思われるときには、Safariでの閲覧履歴・Cookie・キャッシュの消去、
端末の再起動などで解決できる可能性がありますのでお試しください。
また、Wi-Fiを使用しているときは一度環境をオフに切り替え、
3G・4GでSafariが使用できるかどうかを確認します。
もし、これで正常な動作が行えるようであれば、
OS8やルータの問題である可能性が高くなりますので、
ネットワークのリセットなどを試すと良いでしょう。