フリーズしたときにまずすること

iPhoneが故障してフリーズした場合、フリーズの仕方によって対処方法が異なります。
まず、iPhoneの画面が暗いままの場合は、故障というわけではなく、
バッテリー不足の可能性があります。
電源を入れるために充電して、時間が経ってから電源を入れてみましょう。
それでも暗いままの場合は、リセットします。

覚えておきたい強制終了の方法

1つのアプリケーションが反応しない場合は、アプリケーションを強制終了させます。
アプリケーションの強制終了には、まず強制終了したいアプリケーションを長押しして、
アイコンが揺れたらアプリケーションの左上のマイナスのマークが表示されるので
それをタップすると強制終了できます。
ホーム画面のままフリーズしてしまった場合は、電源を切ります。
電源を切るなど何も受け付けない場合には、完全強制終了という方法があります。
完全強制終了は、スリープボタンとホームボタンを一緒に10秒以上長押しします。
これでリセットできるので、再度起動させて解消することができます。

不要なアプリケーションはまめに終了

ホームボタンを押してもホームに戻らない、
スリープ解除ボタンを押してもスリープが解除されない、
スライドしてもロック解除や電源オフができない、固まってしまうなどの場合は、
まずは再起動をします。
それでも反応しない場合や、電源が再び入らない場合などはリセットをします。
iPhoneを操作しているときにいきなりスリープする場合に一番多い原因としては、
バックグラウンドで多くのアプリケーションを起動させていて、
ホームボタンでアプリケーションを終了させた時点ではまだ動いているため、
iPhoneの処理能力が限界に達してしまい、動きが遅くなって、
最終的には固まってしまうためです。
対処方法として、バックグラウンドで動いているアプリケーションは
不要になったらこまめに終了させることです。
起動中に停止してしまう場合や、アップルのロゴや赤や青の画面が長時間表示される場合、
再起動できない場合などは、まずリカバリーモードにします。
そして、復元またはアップデートオプションが表示されたら、
アップデートを選択することで、
iOSがデータを消去することなくインストールできるようになります。