子供は大人の会話を良く覚えているものです。
特に覚えていて欲しくないような変な会話や、癖を真似します。
最近、少し反省する事柄がありました。

自宅の隣に、地元企業の部長さんが引っ越してきました。
自宅の隣にそびえ立つ大きなお家を見て、私たち夫婦は、
「やっぱり部長さんの家は違うようなぁ。」と主人がいい、
「本当ね。大きなお家だわね。」と私が相槌を打ちました。
どこの家にもありそうな夫婦の会話の一部なのですが、
私はそれを子供の前で話したことを後悔することになりました。

ある日のこと。同じ幼稚園に通い家族ぐるみで仲良くしてもらっているご家族と一緒に、
忘年会もかねてランチにいくことになりました。
久々の外食に朝からウキウキとしながら、出かけました。
友人家族とも無事合流をし、予約していたいつもより少しお洒落なレストランを訪れました。
食事が運ばれてくるまで、子供たちの近況報告や、幼稚園の話などをしていました。

すると食事が運ばれてきて、いつものようにママ友とランチプレートを写メしようと、
iPhoneを取り出したところ、隣にいた息子が急に、
「◯◯ちゃんのママより、ママの方が部長さんだね。」と言いました。
最初は何のこと?と思ってきょとんとしていると、
「ママの携帯のが大きいもん。部長さんだ。」と言いました。

私は先日夫と話していた会話が頭を横切り、
非常に恥ずかしくなりました。
iPhoneも先日5sから6sへ機種変更したばかりで、
ちょうどスマホサイズも一回り大きくなったところでした。

顔が赤面しながらも、笑いがこみ上げてきました。
ママ友に先日の経緯を話すと、
「子供って大人の変な会話や、しぐさをすぐコピーするんだよね。」と一緒に笑ってくれました。
もうお願いだから外では言わないでと思いましたが、
そんな都合よく行くわけもなく、
子供の前での会話や発言には気をつけなくてはと反省した1日でした。
子供の成長を微笑ましく思いつつ、顔から火が出る思いでした。