iPhoneを持つようになって、暫く経ちます。
今までガラケーでしたが、ある事が切っ掛けでiPhoneに機種変更しました。

それは、親友が入院した事です。
親友は体が弱く、これまでも何度も入院していました。
でも今回の入院は長引きそうだという事で、親友がとても不安を感じている事を知ったのです。

何とか元気になってほしいけれど、仕事があるし病院も遠くにあり、毎日お見舞いへ行く事が出来ません。
そこで親友と私の携帯をiPhoneに機種変して、今まで以上に頻繁に連絡を取ろうと思いました。

今まで使っていたガラケーには無かった、LINEでのビデオ通話機能を使おうと思ったのです。
親友の病院は、携帯の通話をしてもいい部屋があります、
ですから、毎日のように親友と今日あった事を画面越しですが、顔を見て話していました。

最初は入院という事で不安から顔を曇らせていた親友ですが、電話ですが顔も見れるという事で、どんどん顔色が良くなっていきました。
声も表情もとても明るい事がわかって、私もすごく嬉しかったです。

しかしこれだけではなく、他にもいい事がありました。
親友が病院で友達が出来たようなのです。
別の病室の同年代の人で、その人は家族からiPhoneに機種変更してもらったものの、設定が判らなかったようなのです。
そこでたまたま通りかかった親友が使い方を教えてあげた事から、一緒にアプリゲームをして仲良くなったようでした。

入院生活は1年以上でしたが、その間iPhoneのアプリで遊んでいたので、退屈しなかったそうです。
無事に体も健康になって、病院で友達になった人と何と交際しています。
心身ともに明るくなった親友は見ていてとても素敵だなと思います。

私もiPhoneのアプリゲームで、知らない人と仲良くなって、オフ会をした事もあります。
普段なら知り合えない人ともすぐ仲良くなれるのがいいなと感じました。
中には外国の友達もいるのですが、iPhoneの翻訳アプリでお互い翻訳しつつ、会話を楽しむ事もあります。
無限の可能性があるiPhoneは、素晴らしいと思います。