今日はiPhoneの修理を紹介します。今回の機種はiPhone6で、修理内容は画面の割れです。

IMG_0155 (1)

では、修理手順の紹介です。

手順1.画面の交換では、まず写真のように、ネジ置きを用意します。どのネジがどの部位の物なのか、しっかり把握していないと後々とても困ります。

IMG_0156

手順2.最初に抜くネジは、iPhone下部にある2つのネジ(通称ケツネジ)です。これが画面を固定しています。ここのネジ穴は星型になっているので、星型専用のドライバーが必要です。他のドライバーで無理矢理抜こうとしたりすると、ネジ穴が陥没してしまって抜けなくなっちゃったりするので注意しましょう。
IMG_0157

手順3.次に、カッターを少し挟み込み画面を軽く持ち上げそこに隙間を作ります。ここで注意するのは、フレームに傷が入らないように慎重に挿入すること、奥に差し込みすぎて内部を傷つけないこと、画面を一気に持ち上げないこと。あくまでも隙間を作るだけなので、出来るだけ浅く、軽く持ち上げます。機種によっては、手前にホームボタンとパネルを繋ぐケーブルや、ホームボタンを認証する端子があるものもあります。あまり奥に差し込むと、これらを切ってしまったりする可能性があるので、必要最低限、ほんの少しだけが理想です。

IMG_0158

その隙間に、ピックを差し込みます。これも出来るだけ浅く差し込みましょう。

IMG_0159

手順4.そのままピックを滑り込ませ、パネルをボディから外していきます。ホームボタンの左右から上に、均等にピックを滑らせていきます。パネル上部にはケーブルがあるため側面がボディから離れたらゆっくりとパネルを起こしましょう。

IMG_0160

するとこのようになります。開く時の注意点は、パネルを必要以上に傾けないことです。上辺部分は図のようにプレートの下にケーブルがあるので、傾け過ぎるとこれが切れてしまう恐れがあります。ここで、バッテリーと本体を繋ぐプラグを念のため外しておきましょう。

IMG_0161

手順5.本体とパネルを繋ぐケーブルを囲っているプレートの5つのネジをすべて取ります。すると、本体を噛んでいる部分からプレートが取れます。プレートを取ったら、折り重なっている順番にケーブルを優しく外していきます。無理矢理外そうとしたりすると、プラグ部分が削れてしまったりして液晶が正常に機能しなくなる可能性もあるので、優しくやりましょう。素手でも十分取れますが、出来ればプラスチックの梃子など、刺激の弱い物を使いましょう。

IMG_0162

ようやくここで本体と液晶が離れます。

IMG_0163

手順6.この後、液晶裏のネジを外していきますが、その前に交換する液晶の動作確認を行いましょう。液晶のプラグを本体と繋げ、バッテリーを繋ぎ、電源を点けます。起動するまでに時間がかかるので、その間に次のステップに進みます。

IMG_0164

手順7.ネジを取り外していきます。プレート左右のネジが固定してくれているので、写真のようにカメラ部分のネジから外していき、

IMG_0165

ホームボタン周りのネジも外していきましょう。このあたりで交換する液晶が立ち上がって確認が可能となっていますので、タッチ、液晶表示の確認を行い問題が無ければ電源を落とし取り外してください。

IMG_0166

手順8.ホームボタンが見えたので、プレートとホームボタンを繋ぐプラグを外します。そして液晶側から軽くホームボタンを押し、ボタンからプラグまで伸びている細い線を切らないよう、パネルへ貼り付けている粘着部分に慎重にカッターなどを滑り込ませ、ゆっくり外します。

 

プレートと液晶を繋ぐプラグ部分をカッターで外しますが、ここで注意してほしいのは、プラグ下の銀のプレートよりも下にカッターを入れることです。ここの銀のプレートまで剥がしてしまうと、指紋認証やホームボタンの使用が出来なくなってしまうので細心の注意を払って作業を行ってください。下記のものが取り外したプレートになります。

IMG_0168IMG_0169

 

手順9.次に手順7でプレートを外したインカメラ、センサーケーブルを取り外していきます。インカメラを覆う透明なケースがパネルについていますがカッター等で簡単に取れるものとなっております。中央部分に近接センサーが埋め込まれるような形でついているのでゆっくりと持ち上げるように取り外していきます。粘着の強いものがたまにあるので力を入れたり勢いよく取り外してしまうとセンサー部分がそのままパネルに残ってしまって新たなパーツを用意する必要が出てきますのでご注意ください。

IMG_0170IMG_0171

インカメラ、センサーケーブルを本体から取り外す際は下記の画像のように粘着ごと剥がすようにしましょう。

IMG_0173IMG_0172

 

手順10.あとは取り外したパーツを移植していって作業は完了になります。インカメラ、センサーケーブル部分は、下記のように抑えながら作業してください。カメラのズレやセンサーの誤作動に繋がりますのでしっかりと抑えながらセンサー部分とスピーカーが密着しているのを確かめネジを締めてください。

 

IMG_0174

以上で修理が完了しましたのでここからは動作の確認をしていきます。まずは移植したホームボタンが正常に動作するかを確認してください。次にインカメラを起動しほこりなどが入っていないかチェックします。最後に近接センサーの確認になります。117(時報)に電話を掛け、パネル上部のセンサー部分に手をかざします。画面が消えればセンサーが正常に作動している証拠です。以上が動作確認の手順となります。

IMG_0176