iPhone5sの画面交換の修理手順を紹介します。

IMG_0177IMG_0178

手順1.ホームボタン左下にカッター等を差し込み、ピックの入る隙間を作ります。

 

 

IMG_0179IMG_0183

手順2.差し込んだピックで左右均等に、上部へと側面を開けていきます。この時に注意しなければいけないのが、ホームボタンケーブル(上記画像で確認)です。勢いよく開いてしまうとケーブルが切れてしまうため、慎重に作業を行ってください。パカパカとパネルが開くようになったら、カッター、ピンセット等でボディからケーブルを外しましょう。

 

 

IMG_0185

手順3.ボディ右上のプレートについている4つのネジを外し、パネルをボディから取り外します。

 

 

IMG_0186

手順4.新しいパネルへの移植作業を行う前に、使用するパネルに問題がないか検品を行ってください。なお電源が立ち上がるまでに時間が掛かる場合は手順5へ移行し、検品が可能になったらおこなってください。

 

 

IMG_0188IMG_0190

手順5.パネル上部にあるプレート、イヤスピーカー、インカメラ、近接センサーを取り外します。近接センサーの取り外しはピンセット等でやさしく、ゆっくり持ち上げるように行ってください。取り外した後、パネル側面に左右2個ずつ付いてあるネジを取り外します。

 

 

IMG_0189

手順6.ホームボタンの取り外しも完了すると銀のプレートの取り外しも可能となりますので外しましょう。これで取り外す作業は終了し、移植作業へと移行します。取り外す順番のおさらいです。

インカメラ、センサーケーブル

 

 

IMG_0191IMG_0192

手順7.基本的には取り外しの作業をなぞるだけで移行は完了となります。注意点は、インカメラがズレていないか確認をしながら作業すること、上記の画像を参照し、窪みに端子を差し込むのを忘れないことが挙げられるますので気をつけましょう。

 

IMG_0194

以上で修理が完了しましたのでここからは動作の確認をしていきます。まずは移植したホームボタンが正常に動作するかを確認してください。次にインカメラを起動しほこりなどが入っていないかチェックします。最後に近接センサーの確認になります。117(時報)に電話を掛け、パネル上部のセンサー部分に手をかざします。画面が消えればセンサーが正常に作動している証拠です。以上が動作確認の手順となります。